2005年12月31日

お供えもち よいお年を

年神様やご先祖様に供えるもちは、鏡もちと呼ばれ丸もちが普通だ。 お供えしたおもちいただくということで、神仏の御利益に大いにあやかるということ。2個を重ねるのは、をかたどったものと聞いたことがある。

お供えもち地方によって違うが、海老やだいだい、ウラジロなど縁起をかついだもので餅を飾り、お正月を祝う。我が家はこんな様子。お供えもちと、お米を飾り、だいだいとしてみかん、そしてゆずり葉と実。通常は松の葉も飾るが、今年は積雪が多いので庭に行けないので省略と父が言っていた。

お米のお供え飾ったった後は…
これも地方により異なるが、お供え餅を7日に下ろし、11日に「鏡開き」といって餅をいただく。武家社会の風習であるので、刃物で切らずに、手や槌などで割るようになったという。1年の一家一族の無事息災が約束されるという意味もあり、また食べ物をたいせつにする心がけが感じられる。

 みなさんよいお年を!

 そして、新年は、さらに飛躍のよい年でありますように…。

    クリック!<==ここクリックしてね!

astroboyatom2005 at 15:06│Comments(0)TrackBack(0)日本の伝統・文化 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔