2006年01月22日

日本全国・津々浦々 でもよろしくです5

みなさん!

これまでのご支援、本当にありがとうございました。

移転先の

日本全国・津々浦々」へコンテンツを移動しますので、これまで同様にコメント等お願いします。

 しばらくは、「花・鳥・風・月」もライブドアにおいておきますが、近く閉鎖することになりますので、その前にでも、是非、勝手なお願いですが、もしよろしかったら、「日本全国・津々浦々」を貴ブログでも読者にしていただいたり、再リンクをしていただけるとうれしく思います。

   クリック!<==ここクリックしてね!

 



astroboyatom2005 at 14:12|この記事のURLComments(383)TrackBack(0)ブログ 

2006年01月21日

現在引っ越し中です

諸般の事情で、下記に引っ越しを考えています。

  現在、状況を自分なり判断してタイミングを見計らっています。

  日本全国・津々浦々 へ 

      意外と簡単に引っ越しできるものですね。感動ものです!!

こちらにもご協力を クリック!<==ここクリックしてね!

    



astroboyatom2005 at 11:30|この記事のURLComments(376)TrackBack(0)

2006年01月19日

ブログの力ってすごい5

みなさん、ご協力ありがとう。

わたしもわずかでしたが、募金してきました。

日本も捨てたものでありませんね。

小さな善意がこんなに大きな力になるなんて。

ななみちゃん、がんばってね。

  クリック!<==ここクリックしてね!



astroboyatom2005 at 20:33|この記事のURLComments(7)TrackBack(0)日本の世相 

2006年01月18日

ブログの輪 善意の輪を広めよう  至急5

 以下のようなブログがありました。賛同される方は回してください。
 わたしも些少ながら協力します。

「善意のブログ」を回して下さい。
七海ちゃんの命を救うために、皆さんの助けが必要となっています。

1.短期間で、多くの方々へご理解をいただくため
2.そして、一日でもはやく目標の金額に到達させるため
3.ブログが世のため、人のためになることを実証させるため

上記3点のために、速やかに、本内容をコピペいただき、同様の記事を作成して、最低3人の方へ、TBをしていただけないでしょうか。

そして、できることであれば、小額でも寄付のほどを宜しくお願い申し上げます。

9000万円まであと5000万円以上不足しているそうです。
(1/18であと3000万円弱までに迫っています)


  <募金振込先
  振込先 口座番号 口座名義
  三菱東京UFJ銀行
  横浜駅前支店 (普通) 3108935 ナナミチャンオスクウカイ
  横浜銀行
  横浜駅前支店 (普通) 3150914 ナナミチャンオスクウカイ
  郵便局 手続き中 ナナミチャンオスクウカイ

お振込み頂く際に振込手数料がかかります。

※口座名義は「ナナミチャンオスクウカイ」となっております。
「ナナミチャンヲスクウカイ」ではございませんのでお気をつけ下さい。

※統合の関係で「三菱東京UFJ銀行」という選択肢が無い/入力が出来ない場合があるようです。その場合には「東京三菱銀行」宛てに振込みをしていただくことで振込み可能です。

※郵便局に関しましては、1月16日の週に開設できる見通しです。

現金書留宛先
〒232-0054
 横浜市南区大橋町3-50 勝本ビル3F 303号
       「ななみちゃんを救う会」

までお送りください。

事務局情報
ななみちゃんを救う会事務局  

〒232-0054
横浜市南区大橋町3-50
勝本ビル3F 303号

《電話受付 AM 10:00〜PM 6:00》
TEL1/FAX:045-730-3811
TEL2:045-731-7750(1/16開通予定)

移植手術を早急に行わないと、2月末での生存確率が1%以下だそうです。
 詳細はこちらのリンクを参照ください

      クリック!<==ここクリックしてね!



astroboyatom2005 at 22:25|この記事のURLComments(18)TrackBack(0)ブログ 

2006年01月17日

日本のシンボル 富士の山4

富士の山   作詞者 厳谷小波 (文部省唱歌)
            作曲者 不詳


一、                                              二、
 あたまを雲の 上に出し                青空高く そびえたち
 四方の山を 見おろして                からだに雪の 着物着て
 かみなりさまを 下に聞く               かすみのすそを 遠くひく
 富士は 日本一の山                     富士は 日本一の山

 新幹線から富士が見えると、日本一の山に勇気づけられる。
初夢でみるとよいものの一番であり縁起物であり、一日のエネルギーをたっぷりともらったような気分になる。
あたまをくものうえにだし…
 

クリック!<==ここクリックしてね!
 
 
 
 



astroboyatom2005 at 20:32|この記事のURLComments(252)TrackBack(0)日本の風景 

2006年01月16日

宇治茶は馬の足跡から  明惠上人4

駒蹄影園碑が当時を伝える明惠上人(みょうえしょうにん)が馬に乗って、宇治の山すそにやってきて、馬の上から、あちこちをながめていた。上人は、馬をとめて、畑仕事をしていた農民に声をかけた。
「袋のなかにある木の実をこの畑にまいてほしい。」
しかし、農民は、「見たこともない木の実で、まき方が分からない」と答えると、その方は、馬にまたがったまま畑の中にゆっくりと進んで行った。そして、畑から出てきた上人は、この実は、
「中国から伝わったというもの。畑の中の馬の足跡の間隔にその種をまけばよい。」更に、その葉を粉にしてお湯に混ぜて飲めば体にも良い効能があるであるとも。

日本最古の茶栽培の地栄西は、それより前に、茶の種子を右京区の栂ノ尾・深瀬の地に播いた。ここが日本で最初にお茶が栽培された場所である。

その後、栄西より譲り受けた種子を、明惠上人が茶栽培に適した宇治の風土を見抜いたことや栽培に関わった農民の努力で宇治茶は更に品質を高め、日本の緑茶文化を発展させてきた。
明惠上人が馬で足跡をつけた茶畑は、宇治で「駒蹄影園」(こまのあしかげえん)と呼ばれている。

      クリック!<==ここクリックしてね!



2006年01月15日

功名が辻 千代の賢婦の源5

美濃で成長した千代両親を戦火で失うという「笑っていなければ耐えられない」ほどの悲惨な体験が、千代の生き方を決定づけた。明るさは芯の強さであり、後に夫の一豊を支え一国一城の主にまで押し上げていく賢婦の源はここにある。
    クリック!<==ここクリックしてね!



astroboyatom2005 at 21:02|この記事のURLComments(21)TrackBack(0)日本の歴史 

義経伝説 出生の地 京都牛若町4

胞衣塚   ここは京都市北区「牛若町
義経が生まれた地といわれ、数多くの史跡が残っている。住宅地の中に立つ光念寺には、母の常磐御前が義経を身ごもった時に、安産を祈願したといわれる「守り本尊」が祀られている。また父・義朝が建てたといわれる屋敷があった場所に代々住んでいる上野家には、義経出生の伝説を物語る「版木」が残されている。
  この版木には、義経が生まれたときに汲み上げたという産湯の井戸が描かれている。
畑の中の井戸の近くには、出産の時の胎盤とへ出生の版木その緒が埋められたと伝わる「胞衣塚」(えなづか)が残り、代々守り続けられている。
  史跡とともに義経出生の伝説はこの地に脈々と受け継がれている。

   クリック!<==ここクリックしてね!


astroboyatom2005 at 12:05|この記事のURLComments(16)TrackBack(0)義経伝説 

2006年01月14日

功名が辻 山内一豊とその妻 特別展開催 5

ただいま、 
大河ドラマ 『功名が辻』 特別展
 『山内一豊とその妻』 を開催中。

会場は、江戸東京博物館
開催期間 ’06年2月5日(日) までとなっている。

会場へのアクセス
  ・JR総武線 両国駅西口下車 徒歩3分
  ・都営大江戸線 両国駅A4出口 徒歩1分

東京展終了後、下記を巡回の予定。千代(NHK)
  4月15日(土)〜5月28日(日)
 =静岡県立美術館
  7月15日(土)〜8月31日(木)
 =
高知県立文学館

 

山内一豊耳形兜
や浅井・朝倉攻めで三段崎との死闘の際に 一豊の顔に刺さったといわれる(やじり)等興味を持つ、一豊、千代にゆかりの品々多数展示されている。

 
クリック!<==ここクリックしてね! 



astroboyatom2005 at 14:49|この記事のURLComments(281)TrackBack(0)日本の歴史 

日本海冬の味 寒鱈まつり4

毎年、1月中旬から2月にかけて「日本海寒鱈まつり」が日本海側の東からだの芯まであたたまる北地方で催されている。今年も、24節気の「寒の時期」をむかえ、各商店街では大にぎわいを見せていた。
雪の降る季節、産卵のために 回遊する鱈を寒鱈(かんだら)といい、身も締まり、脂もたっぷりのりきっていて非常においしい。


脂がたっぷりのっている調理法を教えてもらったが、非常にシンプルである。昆布でだしをとり、味噌を溶き、皮ごとぶつ切りにして、頭、内臓、中骨もすべて一緒に煮込むので、その旨味が汁全体にしみこんでくる。最後に、ざく切りにした豆腐とネギを入れお椀やどんぶりに盛ったら岩海苔をのせて食し、磯の風味が口の中に広がる。
吹雪で吹き荒れて凍てつくから鱈がおいしく、凍雪が舞い散る中商店街も活気づくえた体を芯から温めてくれる。
家庭でも簡単にできる鍋料理である。厳しい寒さを耐え抜く精神は豊かな食文化に支えられていると言うことをこの目で見て感じた1日になった。

 クリック!<==ここクリックしてね!  



日本の味 ふるさとの味 お味噌4

701年の「大宝律令」では、「未醤」がはじめて租税として名前が見られ、「みしょう」→「みしょ」→「みそ」=味噌と呼ばれるようになった言われている。

日本の味 お味噌現代では、日本人の食生活を支える基本の味噌は、日本ならではの食品である。原料を、米、麦、大豆を主原料として作られるが、それぞれで麹となる原料が異なる。そして、味噌の味は、生まれ育った土地で作られた味噌によって左右されるといってよい。おおざっぱにまとめてみると、味噌は地方では、以下のような味が好まれている。

 ○北関東以北=赤褐色の辛口米味噌
 ○信州・北陸・中国地方の日本海側=淡色の辛口米味噌
 ○愛知・三重・岐阜=豆味噌
 ○京都・瀬戸内近辺=白甘口米味噌
 ○九州・四国=甘口の麦味噌や米味噌

おみそ汁は日本の食卓の必需品このように米味噌、麦味噌、豆味噌と、地方の気候や作物を生かした特徴も出てきた。豆味噌は、寒くないと発酵管理が難しい米糀(こめこうじ)に比べて、暖かくても造りやすかった。造る人や、その家に住む自然の菌、気候によって味が変わるから、全国各地で、地方で、家庭で、それぞれの「味噌文化」ができあがった。だから、味噌はそこでしか味わえない家庭の、ふる里の味になり、食卓の必需品のおみそ汁の味でもある。

       クリック!<==ここクリックしてね!

2006年01月09日

厄年と厄落とし4

厄年は数えで男性25才42才61才女性19才33才37才とされている。

 <男 性>

<前厄>

<本厄>

<後厄>

昭和58年生 24歳  

昭和57年生 25歳

昭和56年生 26歳

昭和41年生 41歳 

昭和40年生 42歳

昭和39年生 43歳

昭和22年生 60歳  

昭和21年生 61歳     

昭和20年生 62歳

 <女 性>

<前厄>

<本厄>

<後厄>

平成元年生 18歳

昭和63年生 19歳

昭和62年生 20歳

昭和50年生 32歳

昭和49年生 33歳

昭和48年生 34歳

昭和46年生 36歳  

昭和45年生 37歳  

昭和44年生 38歳

このうち男性の42才と女性の33才は大厄(たいやく)とされその前後をそれぞれ前厄、後厄といい3年間は行動を慎むと良いとされ、この期間はもっとも慎まなければならないとされている。
厄払い・厄落としには神社仏閣へ参拝してご利益に預かるのが一般的であるが、地域の習慣やしきたりもさまざまな形で伝わっているところもある。


青森県津軽地方では、本厄の年に産土(おぼすな)さまでお祓いをしてもらい、途中で新しい手ぬぐいを落として、厄落としをする。
茨城県那珂郡大宮町では、1月14日に本厄の男性が神社へお参りし、42個の10円玉を境内に落として厄落としする。
長野県の大部分では小正月の火祭りに厄年の人がみかんなどを投げて、拾った人に厄を分担してもらうしきたりがある。
京都府などでは各地の八幡さまへお参りして厄落としをすることが一般的で、とくに、八幡市の岩清水八幡が有名。ここでは、毎年1月15日から19日まで、「厄除け大祭」が行われる。

クリック!<==ここクリックしてね!

<参考リンク>

全国の厄除け神社・仏閣(神社・仏閣御利益コレクション)。



京の茶 かぶせ茶3

かぶせ茶」とはよく聞く。
茶畑に日覆いをすることからこの名が付いている。
かぶせ茶製法的には玉露と同じだが、覆っている時間が違う。被覆することにより、新芽の硬化も遅れて、被覆茶葉は柔らかく粉になりやすいので蒸しには気を使うそうだ。
そして、味の方は、日覆いすることにより茶葉の光合成の作用が高まり葉が大きくなり、葉緑素も増えるので濃厚な緑色で、お茶の旨味に富んでいる。

   クリック!<==ここクリックしてね!

9日の長野、新潟のお天気カメラ4

長野ライブ

天気は小康状態であるというが、孤立している地区もでてきている。

秋田県も長野、新潟両県に続き、陸上自衛隊に災害派遣を要請した。

新潟津南町では、午後3時すぎから自衛隊員3新潟ライブ2人が除雪作業に当たった外丸小学校は、3階建てで長さ100メートル、幅10メートル。その校舎屋上には2メートル以上の雪が積もっており、隊員らは、スコップ、スノーダンプ、かんじき、命綱などを使って除雪作業を行った。作業は明日11日まで続く見込み。津南町では9日午前3時に、’89年の統計開始以来、年間の積雪の過去最高394センチを記録した。気象庁の9日午前発表によると、新潟県内の大雪のおそれは無くなったものの、県内各地で記録的な積雪となっている。県内の山沿いの地域では10日から再び雪の降りやすい気象状況となる見込み

              クリック!<==ここクリックしてね!



astroboyatom2005 at 14:25|この記事のURLComments(9)TrackBack(1)日本の自然 

合格かまぼこ・ちくわ5

志望校にぜひ合格を−。受験シーズンを前に、大手水産会社などが発売する。脳の働きを活性化するとされるDHA(ドコサヘキサエン酸)のパワーで合格を後押しする。

合格かまぼこ紀文食品は「受験生応援かまぼこ
絵馬の形をしたかまぼこに合格の文字と桜の花をデザイン。絵馬の屋根部分には滑り止めとして「でこぼこ」をあしらい、ゲンを担ぐ。板には合格祈願の焼き印が押されている。

合格ちくわ水産大手のマルハが販売するのは、「DHA入り 合格ちくわ」。ちくわ1本ずつに「合格」の焼き印を入れる。
いずれもDHAをふんだんに使ったのが特徴。さらに「低カロリー高たんぱくで夜食に最適」(マルハ)と夜遅くまで勉強に励む受験生の健康にも配慮した。


元祖太宰府天満宮のちくわもともとはは「見通しがよい」という語呂合わせで太宰府天満宮参道の名物ちくわ由来し合格の焼印入りに始まりとされている。          
            
クリック!<==ここクリックしてね!



astroboyatom2005 at 08:10|この記事のURLComments(972)TrackBack(0)日本の世相